スポンサードリンク

今回はicloudについての情報をまとめました。

icloudとは

icloudとはクラウドサービスの事でインターネット上に画像などのデータを保存して、ipadなどの他の端末と同期することができます。

icloud フォトライブラリについて

icloud フォトライブラリを使うと、iphoneで撮った写真をicloudに保存することができます。
同じApple IDでicloudにログインすると別のiphoneやipadなどの端末からもアクセスできます。
iphoneの設定から「写真とカメラ」を選んでicloudフォトライブラリをONにすれば同期が開始されます。

icloudのバックアップについて

icloudでiphoneをバックアップする方法をご紹介します。
iphoneの設定からWi-Fiを選んでONにします。
icloudのバックアップを選んで「icloudバックアップ」をONにします。
「今すぐバックアップを作成」をタップするとバックアップが始まります。

スポンサードリンク

icloudからの復元について

iphoneに不具合が起こった時は初期化してからicloudのバックアップから復元しましょう。
iphoneを再起動して「iphoneを設定」の「icloudバックアップから復元」をタップします。
「icloudサインイン」でApple IDとパスワードを入力して利用規約に同意し、バックアップを選択するとicloudから復元できます。

icloudの容量について

icloudは無料で5GBのストレージがもらえます。
容量がいっぱいになった時は、ストレージをアップグレードして購入する、バックアップのデータを消す、データのサイズを減らす、同期したデータを消す、という4つの方法があります。

icloudのストレージをアップグレードした際の料金について

ストレージをアップグレードした際の月額料金は以下の通りです。
50GB 130円、200GB 400円、1TB 400円、2TB 2500円

icloudの解説本を買うなら楽天カードで

icloudについてもっと詳しく知りたいという方は、icloudの機能などをわかりやすく解説している書籍を読むと良いでしょう。
icloudについての解説本を購入するなら、楽天カードを使うことをおすすめします。
楽天カードは利用するたびにポイントが貯まります。
しかも楽天カードは発行するのも無料ですし、年会費もかからないお得なカードです。
楽天カードを使って楽天市場や楽天booksで解説本を購入すれば、毎日ポイント5倍になるのでさらにお得です。

icloudの写真の保存・ダウンロード、設定方法について

下記にアクセスしてサインインします。
https://www.icloud.com/

icloudの写真をPCに保存する方法は以下の通りです。

「写真」に入って保存したい写真を選んで雲マークのアイコンをクリックします。

複数の写真を保存したい場合は、最初にWindows用のiCloudを下記からダウンロードして設定しておくと便利です。

https://support.apple.com/ja-jp/HT204283

icloudにサインインします。
写真のオプションをクリックして「新しい写真およびビデオを自分のPCにダウンロード」で写真の保存先を設定します。
エクスプローラーからicloudフォトを選び、「写真およびビデオをダウンロード」をクリックするとダウンロードが開始されます。

icloud driveとは

ios8から登場したicloud driveとはicloudの機能にプラスしてそれ以外のデータやファイルをDropboxのように保存できるサービスです。
たとえばパソコンで作ってExcelやWordのファイルを保存して、iphoneで見ることなどができます。

icloudのメールについて

icloudでは@icloud.comのアドレスのメールが無料で使えるようになります。
設定から自分の名前をタップしてicloudをタップします。
メールをONにして自分の好きなメールアドレスを作成します。
確認メールが届き、メールアプリにアカウントが追加されます。

icloudのサインアウトについて

icloudのサインアウトはicloud設定画面を開いて下のほうにある「サインアウト」をタップして開始します。

icloudの連絡先について

icloudの連絡先をONにすると保存されている連絡先がicloudにアップロードされます。

スポンサードリンク

 

 

 

      >>よろしければ私が推奨する書籍の紹介もご覧ください